Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

保険代理店でパソコン盗難、4500件の個人情報が流出

カーディーラー「富士スバル」の子会社で、保険販売代理店であるユーロブレッツァにおいてパソコンの盗難被害が発生し、4494件の個人情報を紛失していたことが明らかになった。

同社は、損保ジャパンひまわり生命や東京海上日動あんしん生命保など、のべ13社の保険代理店事業を提供している。今回の事件は同社従業員が帰宅途中に車上荒らしにあったもので、顧客の個人情報のべ4494件を含むパソコンが盗難被害に遭ったもの。

氏名や住所、電話番号、保険の補償内容など、各社の個人情報が4494件が記録されていた。一部マスコミの報道によれば、パスワード設定など行われていなかったという。

富士重工業リリース(PDF)
http://www.fhi.co.jp/news/04_10_12/04_11_24.pdf

(Security NEXT - 2004/11/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

コンテナ管理プラットフォーム「Rancher」に深刻な脆弱性
macOS向けアップデート - 複数脆弱性を修正
委託先にサイバー攻撃、顧客などへ脅迫メール届く - 北関東マツダ
様式と誤って個人情報含むファイルをメール送信 - 嘉手納町
調達業務の見積依頼で、受信者間にメアド流出 - 日本国際協力システム
多数システムでランサム被害、復旧や事業継続に追われる - ならコープ
正規の「リモート管理ソフト」が攻撃者のバックドアに - 米政府が警戒呼びかけ
狙われる「Telerik UI for ASP.NET AJAX」の既知脆弱性
「BIND 9」にサービス拒否の脆弱性 - アップデートが公開
メール誤送信で見学会予約者のメアド流出 - NEXCO東日本