Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

保険代理店でパソコン盗難、4500件の個人情報が流出

カーディーラー「富士スバル」の子会社で、保険販売代理店であるユーロブレッツァにおいてパソコンの盗難被害が発生し、4494件の個人情報を紛失していたことが明らかになった。

同社は、損保ジャパンひまわり生命や東京海上日動あんしん生命保など、のべ13社の保険代理店事業を提供している。今回の事件は同社従業員が帰宅途中に車上荒らしにあったもので、顧客の個人情報のべ4494件を含むパソコンが盗難被害に遭ったもの。

氏名や住所、電話番号、保険の補償内容など、各社の個人情報が4494件が記録されていた。一部マスコミの報道によれば、パスワード設定など行われていなかったという。

富士重工業リリース(PDF)
http://www.fhi.co.jp/news/04_10_12/04_11_24.pdf

(Security NEXT - 2004/11/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カスペ、APT攻撃や制御システムの脅威情報サービス - 個別調査も対応
2020年4Qの脆弱性登録は1423件 - 前年同期の3分の1
セキュ運用連携サービスで蓄積したデータを研究用に提供 - NII
Pepperl+FuchsやComtrolの制御機器に脆弱性 - ファームウェアの更新を
事務所移転時に健診予約者情報含むPCを紛失
ルータなどで広く利用されるDNSに脆弱性「DNSpooq」が判明
「Chrome 88.0.4324.96」で36件のセキュ修正 - 深刻な脆弱性も
ATM7カ所で取引内容を記録したメディアが所在不明 - 島根銀
柿安本店の公式通販サイトに不正アクセス
「Emotet」相談、引き続き高い水準 - 偽脅迫メールは増加