Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日立電線、アンチウイルスソフト未導入の端末を排除するシステムを発売

日立電線は、同社の認証スイッチ「Apresia」とエヌ・エス・アイの認証ソフト「RegistGate」を組み合わせた認証検疫ソリューションを発売した。

社内ネットワークに接続するPCは、まず「Apresia」でIDとパスワードによるユーザー認証が行われる。その後「RegistGate」によって、接続が許可されたPCかどうかのハードウェア認証が行われ、さらに、ウイルス対策ソフトの導入など社内規定をクリアしているかのソフトウェア認証を行ったのち、接続許可を判断する。

インターネット経由で外から社内ネットワークにアクセスするPCも、同じ手順での認証が可能。PC側に専用のソフトは必要ではなく、ブラウザですべての認証状況をチェックできる。

価格は、「RegistGate」のみ1000ユーザーで400万円。「Apresia」は同社のパートナー各社を経由して販売される。

(Security NEXT - 2004/11/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ランサム被害、個人情報約2万件が流出 - コンサル会社
県立校で大学入学共通テストの自己採点結果を誤送信 - 愛知県
文学館でメール誤送信、講座受講者のメアド流出 - 埼玉県
「JVN iPedia」、2021年4Q登録は4676件 - 前期比1.4倍に
「glibc」の非推奨関数に脆弱性 - 次期バージョンで修正予定
個人情報が流出、元旦に脅迫メール - リラクゼーション店
「Uber Eats」の注文受付メールを装うフィッシングに注意
土木防災情報システムのメールサーバに不正アクセス - 新潟県
12月のDDoS攻撃、件数微減となるも最大規模は拡大 - IIJ調査
J-CSIPへの情報提供、76%減 - 標的型攻撃は5件