Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

デジタル医学辞典の海賊版販売で自営業男性を書類送検 - 愛知県警

コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)によれば、愛知県警は、オークションサイトを介して、CD-ROM版医学辞典の海賊版を全国の医師に販売していた自営業男性を、著作権法違反の疑いで書類送検した。

男性は、2004年8月4日、自宅において「医学英和大辞典CD-ROM版」の海賊版2枚と、「医学書院医学大辞典CD-ROM」の海賊版1枚を販売目的で所持していたほか、同年6月1日と4日ごろには、長野県の男性に対して、これらの海賊版CD-R各1枚を販売していた。

また男性は、両医学辞典をCD-Rにコピーしたものを、約20名の医者に対して販売していたという。このようなオークションサイトを悪用した海賊版販売を、2004年の初めごろから行っていたとみられている。

リリース
http://www.accsjp.or.jp/news/041117.html

コンピュータソフトウェア著作権協会
http://www.accsjp.or.jp/

(Security NEXT - 2004/11/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Google、ブラウザ最新版「Chrome 108」をリリース - 複数脆弱性を修正
「Chrome」にセキュリティアップデート - ゼロデイ脆弱性を修正
W杯関係者を狙うサイバー攻撃、10月より大幅増加
栄養士採用試験の全申込者受験票を1人に誤交付 - 大阪市
取引先の担当者情報含むファイルを誤送信 - リクルート
庁内資料を持ち出して店舗で誤廃棄、職員を処分 - 川崎市
LEDライト通販サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
教員アカウントに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - 創価大
Zohoのアクセス関連製品に複数のSQLi脆弱性
「BIGLOBE」に見せかけ、請求メールに見せかけたフィッシング攻撃