Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Klab、サーバやPC内の散在する個人情報を把握できるソフトを開発

KLabは、コンピュータ内の個人情報を探索し、監査するシステム「P-Pointer」を発売した。

同製品は、企業内のファイルサーバやクライアントPC内に存在する、個人情報を含むファイルを探索するソフトウェア。過去に取得した顧客情報など、企業内に散在する個人情報ファイルや、取得後バックアップなどで放置されている個人情報を把握でき、情報漏洩リスク軽減に利用できる。

独自アルゴリズムによるファイルの高速検索を実現。数万行のエクセルファイルでも0.5秒以内に探索を完了することができるという。また、検索時に利用する用語の辞書登録機能や、分析レポート機能など搭載した。

(Security NEXT - 2004/11/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報が流出、元旦に脅迫メール - リラクゼーション店
12月のDDoS攻撃、件数微減となるも最大規模は拡大 - IIJ調査
J-CSIPへの情報提供、76%減 - 標的型攻撃は5件
Skyが脆弱性報奨金制度 - CVSS基本値から金額算出、RCEで最大150万円を加算
個人情報などウェブ入力内容を委託先に外部送信 - 新生銀
2021年上半期の開示要請は2037件、70%に対応 - LINE
患者情報含むUSBメモリを紛失、拾得者の連絡で判明 - 昭和大病院
誤送信で研修参加者のメールアドレスが流出 - 岐阜県
従業員が営業情報を不正持ち出し - And Do HD子会社
プログラミング教室申込者の個人情報が流出 - 大東市