Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTT-AT、機密情報漏洩防止サービスの機能を拡充

NTTアドバンステクノロジは、機密情報の管理や漏洩を防止する「Net Protect内部情報漏洩対策サービス」の機能拡充を発表した。

同サービスは、機密情報の各種メディアへの書き出しや未登録端末接続等の情報漏洩に直結する行動やデバイス環境などを監視、防御するもの。

今回の機能拡充では、総合的な内部情報漏洩対策システム「Smart Leak Protect」が導入され、メールなどによるネットワーク経由の情報漏洩も監視、防御対象とするほか、NTT研究所開発の次世代暗号Camelliaを用いた重要情報の暗号化やPC利用者の認証、監視ログ情報の編集機能などをサポートする。

(Security NEXT - 2004/10/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

高校生徒の写真データ含む私物スマホを紛失 - 大阪府
MS、4月の月例パッチで脆弱性147件に対応 - 1件は悪用済み
「WordPress 6.5.2」が公開 - XSS脆弱性を修正
第三者にメールを閲覧された痕跡、詳細を調査 - 東芝テック
計算用サーバが攻撃の踏み台に、テストアカを侵害 - お茶大
「SECURITY ACTION」の宣言事業者、約4割が効果を実感
Fortinet、アドバイザリ13件を公開 - 複数製品の脆弱性を修正
Adobe、9製品にアップデート - 3製品に「クリティカル」の脆弱性
「FortiOS」に3件の脆弱性 - アップデートにて修正
中学校でアンケート票を紛失、一部が県教委に届く - 春日井市