Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国交省が個人情報漏洩で監督命令 - 住宅性能評価会社に

国土交通省は、個人情報を含む業務情報が保存された光磁気ディスクを紛失した東日本住宅評価センターに対し、建築基準法第77条の30に基づいて、業務改善計画書の提出などを求める監督命令を行った。

同センターは、東京ガスや、旭化成工業、トヨタ自動車、東京海上日動火災保険他12社が設立した民間の指定確認検査機関。国土交通大臣または都道府県知事から指定を受けて、住宅の性能評価業務や検査業務を提供している。

同センターは10月8日に、7135人分の個人情報が保存された光磁気ディスクを紛失し、同省に報告していた。これに対し同省は、取得した個人情報などの漏洩を防止し、法令遵守を社内に徹底するための業務改善計画書を、10月29日までに提出するよう命じた。

また、紛失したディスクの探索や、被害者への事実報告も義務づけている。さらに、今回の監督命令によって義務づけられた措置の実施状況について、定期的に同省へ報告することも命じている。

(Security NEXT - 2004/10/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

NETGEAR製スイッチの管理画面にCSRFの脆弱性
県サイトに就農者の個人情報を誤掲載 - 岐阜県
都が中小企業セキュ対策であらたな支援事業 - 試験的に機器設置、インシデント対応もサポート
「JetBrains ToolBox」に深刻な脆弱性 - 開発者とNVDでわかれる評価
オンラインの「サイバーセキュリティトレーニング」を提供 - 日立
案内メールに他顧客の情報、リスト作成時にミス - モリサワ
ネットバンク利用者3割強が2要素認証を利用 - MMD調査
新潟ご当地グルメの通販ショップに不正アクセス
4郵便局で顧客情報含む書類の紛失が判明 - 日本郵便
カラオケアプリ開発元に不正アクセス - 会員個人情報が流出