Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中部電力が個人情報2781件を紛失

中部電力は、顧客情報2781件を保存したフラッシュメモリを紛失したと発表した。

同社社員が、執務室内で10月12日に紛失したもので、まだフラッシュメモリは発見されていない。契約電力500kw未満の高圧電力を契約している顧客情報が保存されていた。「顧客番号」「顧客名」「電話番号」「使用場所」「契約種別」「契約設備電力」 「支払区分」「取扱金融機関コード」「預金種別(口座番号)」「支払先住所」が含まれる。同社では、該当顧客には訪問し、事情を説明、謝罪したという。

静岡新聞の報道によれば、中部電力では、13日にも端末機を紛失する騒ぎがあった。同端末は、17日に遊技場のゴミ箱で発見、回収されている。電気使用量検針員が検針端末機一式をバイクの前かごに入れたまま買い物をし、帰宅後紛失に気が付いたという。

(Security NEXT - 2004/10/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュア開発が学べる無料オンラインコンテンツ - Linux Foundation
府立高校で1クラスの出席簿を紛失 - 大阪府
PC遠隔操作で顧客情報流出の可能性 - スズキディーラー
フィッシングURL、ピークの9月から2カ月で半減 - 「偽Amazon」が急増
スポーツ施設の工事委託先にサイバー攻撃 - 東京都
「Apache Camel」にLDAPインジェクションの脆弱性
「MS Edge」にセキュリティアップデート - ゼロデイ脆弱性を解消
フォーラムソフト「NodeBB」にアカウント乗っ取りが可能となる脆弱性
政府、アクセス制御製品の研究開発情報を募集
教委職員が個人情報含むUSBメモリを一時紛失 - 大阪市