Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ニフティ、学習機能を備えたメールフィルタサービスを提供

ニフティは、500以上のメールアドレスを持つ企業を対象にメールセキュリティサービス「メールフィルタリング中継サービス」の提供を、10月4日から開始する。

同サービスは、同社のセンター設備を中継させることにより迷惑メールやウイルスメールを除去するサービス。@nifty法人会員契約を結んでいない企業でも、対策やウイルスメール対策をネット経由で行うことが可能。

迷惑メール対策では、「学習型フィルター」機能を利用したサービス「迷惑メールフィルター」を提供する。利用者が迷惑メールと判断した履歴を学習して、設定される基準を自動判別し、迷惑メールBOXに振り分けて管理する。

またウイルス対策サービスでは、トレンドマイクロのウイルス対策製品「InterScan Virus Wall」を使った「ウイルスフィルター」を提供する。

利用料金は、初期費用が5万2500円、月額利用料金は1メールアドレスにつき525円。「迷惑メールフィルター」と「ウイルスフィルター」のどちらか1サービスのみの利用も可能。

(Security NEXT - 2004/09/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

NECの複数ルータ製品に脆弱性 - アップデートがリリース
メール誤送信でファンクラブ会員のメアド流出 - 奈良クラブ
問合返信メールに個人情報を誤添付 - FX事業者
2020年4Qのインシデントは1割減 - マルウェアサイトは倍増
2020年4Qの脆弱性届け出は303件 - ソフト、サイトともに増
キャンペーン登録者の個人情報が閲覧できる状態に - カゴメ
従業員が顧客情報を悪用、カードローンに申込 - DeNA
カスペ、APT攻撃や制御システムの脅威情報サービス - 個別調査も対応
2020年4Qの脆弱性登録は1423件 - 前年同期の3分の1
セキュ運用連携サービスで蓄積したデータを研究用に提供 - NII