Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ヤフーのIDを聞き出すフィッシングメールが横行

ヤフーは、同社を装いIDやパスワードを聞き出す悪質なメールが出回っているとして注意を促している。

「ヤフー・ジャパン情報管理センター」を名乗り、システム障害を理由にIDとパスワードを確認したいといった内容が記されたもの。ヤフーでは、万が一パスワードなどを教えてしまった場合、すぐにパスワードを変更するよう警告している。

以前より、パスワードの変更を求めることによりパスワードなどを聞き出すフィッシングメールが報告されている。

リリース
http://auctions.yahoo.co.jp/phtml/auc/jp/notice/20040916.html

(Security NEXT - 2004/09/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

日之出出版の通販サイト2サイトが不正アクセス被害 - 指摘は約1年前
クラウド型のウェブ閲覧環境分離サービス - 高リスクサイトだけの利用も
一部データが暗号化、個人情報流出の痕跡は見つからず - 日産証券
オンライン会議の招待準備で傍聴希望者のメアドが流出 - 消費者庁
11製品にセキュリティアップデート、深刻な脆弱性も - Adobe
JA高崎ハムの通信販売サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
予約サイト「EPARK」で別会員情報を誤表示 - キャッシュ処理で不具合
ログイン情報だまし取る「偽メルカリ」に注意 - メルペイ決済で悪用被害も
サーバが攻撃の踏み台に、CMS導入ファイル狙われる - 茨大工学部同窓会
複数のOSSメッセージブローカーにサービス拒否の脆弱性