Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サン、個人情報管理システムを構築する新製品を発売

サン・マイクロシステムズは、企業や官公庁に向けて、顧客や従業員などの個人情報を安全に管理、運用する基盤システムを構築するソフトウェア「Sun Java System Identity Manager」を発売した。

同ソフトは、組織内の人事管理システム、受発注管理システム、メールシステム、顧客管理システムなどにおいて、別々に管理されている顧客や従業員および職員などの個人情報を、統合管理するためのシステム基盤を構築する機能を提供する。

同ソフトで構築したシステムでは、既存システムの個人情報管理機構をそのまま活用し、顧客や従業員の個人情報やアクセス権限を組織全体にわたって管理できる。そのため同社では、顧客情報や財務データなどの重要な情報の外部への流出を、未然に防ぐことが可能だとしている。

従業員規模の大きい企業や団体がおもな対象。3000人で利用する場合の標準価格は、984万5000円から。

(Security NEXT - 2004/09/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Linuxに脆弱性「BleedingTooth」が判明 - 近接環境からコード実行のおそれ
専門学校生対象のコンテスト - テーマは「サイト運営会社向けセキュリティ教育」
「ドコモ口座」の不正チャージ、被害124件の補償を完了
個人情報含む国勢調査の関連書類を紛失 - 堺市
MS、定例外で2件のアップデートをリリース
2020年3Qのインシデント、前四半期比約1.2倍に - 探索行為やサイト改ざんが増加
2025年日本国際博覧会協会に不正アクセス - フィッシングの踏み台に
「phpMyAdmin」に「SQLi」や「XSS」の脆弱性
AMDのオーバークロックソフトやグラフィックドライバに脆弱性
eコマースプラットフォーム「Magento」に複数の深刻な脆弱性