Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マイクロソフト製品のJPEG処理に深刻な脆弱性

マイクロソフトは、同社ソフトウェアのJPEG画像処理方法に脆弱性があると発表、更新プログラムを公開した。

同社によれば、攻撃者によって特別な細工を施されたJPEG画像を、メールやInternet Explorer上で受け取って開くと、コンピューター内のファイルや画像を読み取られたり、削除される可能性があるという。

同社では脆弱性の深刻度を「緊急」としており、セキュリティ更新プログラムを早急に適用するよう求めている。

(Security NEXT - 2004/09/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

メールアカウント2件に不正アクセス - 板橋区医師会
2020年3Qフィッシング、前四半期の約4分の3に - RSAまとめ
3月に「JC3 Forum 2021」開催 - サイバー犯罪動向や対応成功事例など紹介
インフォサイエンスの複数ログ管理製品に脆弱性 - OSコマンド実行のおそれ
2020年2Qのフィッシング攻撃は3割減、国内ホストは32件 - RSA調査
12月のDDoS攻撃、前月比29件増 - IIJ調査
新型コロナウイルス患者の氏名をサイトに誤掲載 - 埼玉県
「sudo」に脆弱性「Baron Samedit」が判明 - root権限奪われるおそれ
「情報セキュリティ10大脅威 2021」が決定 - 研究者が注目した脅威は?
就職氷河期世代のeスポーツ愛好家向けにセキュ人材研修 - 群馬県