Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、「情報セキュリティ読本」を出版

情報処理推進機構(IPA)は、情報セキュリティ教育のための教科書「情報セキュリティ読本」を近日出版する。

同書は、2002年6月に刊行された「情報セキュリティ読本」の新装改訂版。コンピューターやネットワークを使用するユーザーを対象に、情報セキュリティについての基本概念を分かりやすく説明している。

IPAによれば、技術的な事柄の細部にはあまりこだわらず、気軽に読んでいくうちに、情報セキュリティの全体像が把握できるように工夫しているという。価格は500円。2004年10月より、全国の書店で販売する。

(Security NEXT - 2004/09/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Emotet」に感染、個人情報流出の可能性 - 群馬県社会福祉協議会
CODE BLUE、全講演者が決定 - 特別講演にAudrey Tang氏
ネット利用者半数超、パスワード文字数「8文字以下で安全」
CMSの「Drupal」に複数の脆弱性 - アップデートがリリース
国勢調査の調査員が個人情報含むメモを一時紛失 - 江戸川区
スマホ決済「支払秘書」でなりすましによる不正チャージ
WP向けプラグイン「File Manager」脆弱性、国内でも悪用被害
「Vpass」アカウントやクレカ情報狙うフィッシングに注意
「ドコモ口座」被害、あらたに12件 - 被害額82万円
「ドコモ口座」経由の不正引き出し、あらたに2件が判明