Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IEに脆弱性、不正な画像ファイルでPC乗っ取りの可能性

マイクロソフトは7月31日、同社ブラウザソフト「Internet Explorer」のセキュリティ更新プログラムを公開した。同社は脆弱性の深刻度を「緊急」としている。

マイクロソフトによれば、IEにおいてBMPファイルや、GIFファイルを処理する際にバッファオーバーランが発生する脆弱性が存在しているという。また、ナビゲーション メソッドを処理する方法に、リモートでコードが実行される可能性があり、セキュリティプログラムを適用しないとリモートでコードが実行される危険がある。

(Security NEXT - 2004/08/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

職業訓練生が教室に置き去られた名簿をスマホ撮影 - 群馬県
公開資料の個人情報、墨塗りするもはずせる状態 - 琉球大
関連機関サイトに不正アクセス、CMSに不正プラグイン - 富山県立大
宣伝会議、不祥事ランキングを公表 - 求められる迅速な誠意ある対応
ビルシステムのセキュリティ対策カタログをリリース - CSSC
WP向けプラグイン「WP User Frontend」に深刻な脆弱性 - PoC公開済み
共同利用対象外の個人情報をグループDBに誤送信 - JFRカード
中学校教諭が車上荒らし被害、個人情報が盗難 - 習志野市
研究者狙うサイバー攻撃、講演や取材の依頼を偽装
「Apache DolphinScheduler」にコードインジェクションの脆弱性