Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トレンドマイクロ、企業向けウイルスバスターをリリース

トレンドマイクロは、企業向けセキュリティ製品「ウイルスバスター コーポレートエディション 6.5」を8月20日から発売すると発表した。価格は「ウイルスバスター コーポレートエディション 6.5」が3万6000円(5ライセンス)、「ウイルスバスター コーポレートエディション 6.5 サーバ版」が6万9000円(20ライセンス)。また、ライセンス数により、割引が適用される。

同製品は、企業内のクライアントおよびサーバ向けの統合セキュリティソフトウェアで、ウイルス対策機能に加え、「エンタープライズクライアントファイアウォール」とウイルスパターンによりファイル形式をとらないネットワークウイルスの検出が可能。また、不正パケットを遮断するヒューリスティック技術や不正侵入を検知するためのIDS(※3)機能が装備されている。

企業向けに開発されており、管理コンソールから複数のクライアントを一元管理でき、パターンファイルの配信や、ユーザーの設定変更に制限をかけることができる。

(Security NEXT - 2004/07/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Windowsのゼロデイ脆弱性、開発会社狙う攻撃で発見 - 検体公開後は試行増加
EC-CUBE用プラグイン「注文ステータス一括変更プラグイン」に脆弱性 - 利用中止を
セキュリティ啓発動画のコンテスト開催 - トレンド
報道機関にコロナ陽性者資料を誤ファックス - 長野県
県立高オープンキャンパス申込者のメールアドレスが流出 - 奈良県
ふぐ料理店通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出
CMSの「Drupal」に5件の脆弱性 - アップデートがリリース
「Apache Tomcat」にDoS攻撃受けるおそれ - 3月の更新で修正済み
アップデートでルータにセキュリティ機能を追加 - アライドテレシス
脅威情報を活用してC&C通信を検知するSaaS型サービス