Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2004年上半期のウイルス届出は昨年度の3倍

情報処理推進機構(IPA)は、2004年上半期のウイルス届出状況を発表した。

上半期の届出件数は2万1957件で、前年同期7366件に比べ約3倍に跳ね上がった。また、上半期の段階ですでに2003年の年間届出件数17425件を超える結果となった。また、6月の届出件数は、5422件で、前月と同様の高水準だった。

増加の原因は、「W32/Bagle」「W32/Mydoom」「W32/Netsky」で、3種類の届出が全体の半数以上を占めている。

(Security NEXT - 2004/07/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Adobe Bridge」や「Photoshop」など複数Adobe製品に深刻な脆弱性
MS、月例セキュリティ更新で脆弱性108件に対応 - 一部でゼロデイ攻撃も
NEC製ルータ「Atermシリーズ」の複数製品に脆弱性
登録セキスペ講習、民間など23講習を追加
A10、「ACOS 5.2.1」をリリース - DNSクエリの保護機能など追加
パロアルト、「Prisma Access」の新版を提供開始
3割がセキュ投資増額、56.3%で被害経験 - IDC調査
履歴書など会員の個人情報が流出、詳細は調査中 - 副業支援サイト
「Okta Access Gateway」にコマンドインジェクションの脆弱性
サイバー攻撃可視化プラットフォーム「NIRVANA改」がIPv6対応