Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

シマンテック、ゲートウェイ向けメールセキュリティ製品を発売

シマンテックは、SMTP ゲートウェイ上でメールを監視し、ウイルスやスパムを防止する「Symantec Mail Security for SMTP 4.0」を 6月15日に発売する。

同製品は、「マスメーラークリーンアップ機能」を搭載。マスメーラー型ワームが送信する大量にメールを削除し、ウイルス性スパムの発生を防止、ネットワークの負荷を軽減できる。

また、ホワイトリストの自動作成が可能で、受信メールについて信頼できる送信元を自動的に学習できるほか、スコアに基づくスパム処理やフィルタリングルールのカスタム設定が可能。

http://www.symantec.co.jp/region/jp/news/year04/040513.html

(Security NEXT - 2004/05/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

VR空間プラットフォーム「Hubs Cloud」に認証情報流出のおそれ
MTAの「Exim」に21件の脆弱性、PoCも公開 - パッチ適用を
政府、行政機関のLINE利用でガイドライン
鹿児島銀のネットバンク装うフィッシング攻撃 - 乱数表も詐取
政府18機関でLINEを業務利用 - 11機関で機密情報も
都、都内中小企業のセキュ対策経費に助成金 - VPNも対象
「Firefox」にセキュリティ更新 - Android版のみ影響する深刻な脆弱性も
「Samba」にサービス拒否や共有ファイルを削除される脆弱性
VPN製品「Pulse Connect Secure」にアップデート - ゼロデイ脆弱性など修正
セキュリティリリース「PHP 7.4.18」「同7.3.28」が公開