Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

航空管制システム停止の原因は不正データ

国土交通省は、8日に東京航空交通管制部が停止した問題について、不正データが付加されたことにより発生したことを明らかにした。

国土交通省航空局によれば、「航空レーダー情報処理システム(RDP)」が保有する飛行計画情報に不正データが追加されたことによりシステムダウンが発生したという。同局は現在、不正データが付加された経緯を調査している。

故障当日は、バックアップシステムに切り替えたが、安全確保のため、離発着のに必要な時間を通常より長く設定したことにより、大幅なダイヤの乱れが発生した。

昨年3月にも東京交通管制部の「飛行計画情報処理システム」がシステムダウンを起こしており、同局ではフェイルセーフ対策を進めていた。同局は「異なるシステムながら多大な迷惑をかけた。真摯に反省し、再発防止に取り組みたい」としている。

リリース
http://www.mlit.go.jp/koku/03_information/01.pdf

国土交通省
http://www.mlit.go.jp/

(Security NEXT - 2004/04/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Chrome」にセキュリティアップデート - ゼロデイ脆弱性を修正
組織の決裁なしに公文書施行、職員を懲戒免職 - 群馬県
シングルページアプリの脆弱性診断サービスを開始 - Flatt Security
セキュ人材採用、日本は実務経験を重視 - キャリアパス提供は他国の半数以下
政府委託事業の旧ドメインを第三者が取得 - 偽サイトで外部誘導
「Atlassian Bitbucket」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「Zimbra」に複数の脆弱性 - 修正版をリリース
約2割が外部メディアの紛失や盗難を経験 - 台帳管理の未実施も
「LibTIFF」に脆弱性、悪用コードが公開済み - パッチの適用を
「Apache MINA SSHD」に脆弱性 - アップデートがリリース