Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マルウェア遭遇リスク、日本は世界で下から8番目

コンシューマー向けパソコンにおいて、ユーザーがマルウェアに遭遇するリスクは20.6%で、前年から3.4ポイント上昇したとする調査をAvast Softwareが取りまとめた。

同社が2019年9月8日から10月7日にかけて同社の脅威検出ネットワークからデータを収集、リスクの状況を取りまとめたもの。期間中に同社が脅威をブロックした端末数を、同社が30日間に保護した端末数で割り、算出したという。

同社によると国内の家庭用パソコンユーザーがマルウェアに遭遇するリスクは20.6%で、前年の17.2%から3.4ポイント上昇した。海外の25.6%と比較すると5ポイント低い。

国内においてセキュリティ対策ソフトの一般的な保護技術を回避するように設計された高度なサイバー攻撃に、コンシューマーユーザーが遭遇するリスクは4.6%。前年の4.4%から0.2ポイント上昇している。

地域別に見ると、関東地方のリスクが最も高く、マルウェアに遭遇するリスクは23.5%で、高度なサイバー攻撃に遭遇するリスクは5.0%だった。

グローバルで見ると、日本はサイバー脅威のリスクが低い国のひとつで、マルウェアに遭遇するリスクは8番目に低く、高度なサイバー攻撃に遭遇するリスクは6番目に低かった。

同社の調査によるリスクが高い上位10カ国と遭遇するリスクは以下の通り。

1位:中国(43.7%)
2位:アフガニスタン(43.3%)
3位:ベネズエラ(41.8%)
4位:イラン(40.2%)
5位:アルジェリア(39.4%)
6位:パレスチナ(39.3%)
7位:マダガスカル(37.7%)
8位:セントルシア(37.4%)
9位:イエメン(37.4%)
10位:アンゴラ(36.8%)

(Security NEXT - 2020/07/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

宅配便の不在通知を装うスミッシングに注意 - ダイナミックDNSを悪用
2020年2Qの「標的型攻撃メール」は87件 - いずれも「BEC」
新型コロナ便乗サイバー攻撃、3カ月で40倍
プライバシーガバナンスガイドブックでパブコメ - 経産省
指導要録の写しと学籍に関する記録が所在不明 - NHK学園高校
写真クラウドのデータ消失、原因はプログラムミス - キヤノン
サーバから顧客情報が削除され不正持ち出し - コンサル会社
工務店マッチングサイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
関電の「はぴeみる電」に不正ログイン - 複数海外IPアドレスから試行
トレンドマイクロの複数製品に脆弱性 - 順次更新を実施