Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ファイルの不正利用防止ソフトの新版 - ティエスエスリンク

ティエスエスリンクは、ファイルの利用を制限できるソフトウェア「トランセーファー BASIC Ver.3.3」および「トランセーファー PRO Ver.2.0」を発売した。

同製品は、ファイルを暗号化し、閲覧を限定することで、ファイルのコピーや印刷、画面キャプチャなどの操作を禁止するソフトウェア。利用する端末や有効期限、自動削除なども設定できる。クライアントPCにインストールして利用する「BASIC」と、管理サーバによる一元管理に対応した「PRO」を用意している。

今回発売した新版では、保護対象として「mov」「mp4」「m2ts」など動画ファイルに対応。また「PRO」では、指定フォルダにファイルを入れることで暗号化が行える新機能を搭載した。

価格は、「BASIC」が5ライセンス含む基本パックが30万円。「PRO」が基本パッケージ50万円で、1ライセンス8000円から。いずれも税別。

(Security NEXT - 2020/07/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「ZeroShell」に対する脆弱性攻撃、国内でも観測
「XenMobile Server」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開
8月修正のIE脆弱性、韓企業狙う標的型攻撃で悪用
「vBulletin」に脆弱性、過去のパッチ不備で問題再燃 - すでに攻撃も
パソコン向け「Adobe Lightroom」に脆弱性 - 更新版が公開
「Adobe Acrobat/Reader」にアップデート - 脆弱性26件を修正
SAP、定例パッチを公開 - 深刻な脆弱性へ対処
公開ファイルのプロパティ情報に個人情報、約400件が判明 - 新潟県
「Sポイント」会員サイトに約1000万回のログイン試行 - ポイント交換も
問い合わせメールを転送ミス、個人情報流出 - 神戸市