Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

脆弱性診断サービスを刷新、最短3日のプランも - PSC

ピーエスシーは、ウェブサイトの脆弱性を診断する新サービス「RISK CHECK3」を提供開始した。

同社では従来より脆弱性診断サービスを展開してきたが、顧客の要望などをもとに3プランからなる新サービスを開始したもの。

いずれのプランも脆弱性診断ツール「AppScan」を活用。「クイックプラン」では、脆弱性の影響が大きいOWASPによる「OWASP Top 10」の脆弱性について最短3日で診断を実施し、レポートを提供する。

「スタンダードプラン」では、重要度が低い脆弱性についても調査するほか、30日間のサポートと再診断1回に対応。さらに「プロフェッショナルプラン」では、サイトの特性に応じた個別診断を実施。ツール以外にも手動でシナリオにもとづく診断を実施し、対策などを提案する。

価格は「クイックプラン」が18万円、「スタンダードプラン」が30万円、「プロフェッショナルプラン」が68万円。サービスで想定するページ数と、調査対象ページ数と大幅に異なる場合は、プランの変更やページ数の調整が必要となる。

(Security NEXT - 2020/07/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

SISとAeye、サイトの脆弱性診断サービスの提携拡大
ペネトレーションテストサービスを開始 - BBSec
マルチクラウドとセキュリティ対策の管理プラットフォーム - TIS
NAC製品「iNetSec SF」の機能を強化、クラウド版も - PFU
VDOO、CCDSにIoT機器の評価サービスを無償提供
ネットワークや製品向けにペネトレーションテストサービス - Flatt Security
脅威検知とレスポンスを自動化するEDRソリューション - フォーティネット
サイボウズ、PSIRT構築支援プログラムを開始
組込機器向けセキュリティ製品に新版 - カスペルスキー
OSINTツールを期間限定で無償提供 - マキナレコード