Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NETGEAR製品に10件のゼロデイ脆弱性 - 多数製品に影響

NETGEARが提供するルーターやゲートウェイなど多数のネットワーク製品が影響を受けると見られるゼロデイ脆弱性が明らかとなった。同社では順次アップデートを提供するとともに、リモート管理をオフにするなど緩和策の実施を求めている。

リモートよりコードの実行が可能となるバッファオーバーフローの脆弱性や、認証の回避などあわせて10件の脆弱性が明らかとなったもの。Zero Day Initiativeが6月15日に公開した。

特に3件の脆弱性は共通脆弱性評価システムである「CVSSv3」において、ベーススコアが「8.8」、重要度が「高(High)」とレーティングされている。

ZDIによると、NETGEARへこれら脆弱性は2019年11月から2020年2月にかけて報告していたもので、その後の調整でNETGEARより6月末まで公開の延長を求められたが、120日が経過しており、ZDIでは6月15日を期限とし、ゼロデイ状態のまま公開に踏み切った。

これを受けてNETGEARは6月18日、セキュリティアドバイザリをリリース。一部国内未発売の製品も含まれるが、80近い製品が影響を受けると見られ、同社は対象製品の調査を進めるとともに、一部製品に対し、アップデートの提供を開始している。

(Security NEXT - 2020/06/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

トレンドマイクロの複数製品に脆弱性 - 順次更新を実施
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデート準備中
Facebookの「WordPress」向けプラグインに脆弱性 - チャット乗っ取りのおそれ
WordPressの人気テーマ「Divi」に深刻な脆弱性
Ciscoの複数ネットワーク管理製品に深刻な脆弱性 - 認証回避や遠隔操作のおそれ
IoT機器で広く採用される「Treck TCP/IP Stack」に深刻な脆弱性
横河電機の制御システム向けアラーム管理ソフトに複数脆弱性
「SKYSEA Client View」に脆弱性 - 緊急対応を
セキュアブート回避の脆弱性「BootHole」が判明 - LinuxやWindowsに影響
「BIG-IP」脆弱性問題でF5が侵害の調査方法を公開 - 米政府も注意喚起