Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

小学校教員が帰宅途中に眠り込み、USBメモリなど紛失 - 川崎市

神奈川県川崎市は、小学校の教員が帰宅途中に眠り込み、児童の個人情報が保存されたUSBメモリを紛失したことを明らかにした。

同市によれば、小学校の教員が6月5日に帰宅する途中、リュックサックごとUSBメモリを紛失したもの。USBメモリには、担任するクラスの児童28人の短歌作品のほか、以前担任をしていた学級の児童54人の学習状況に関する所見、一部に児童の氏名が記載されている学級通信の原稿、学校行事に関するしおりなどが保存されていた。

帰宅途中に同僚と飲食店に立ち寄り飲酒。翌6日未明にバス停で眠り込み、気づいた時には鞄を紛失していたという。

同校では12日に臨時保護者会を開催。また全教職員に対し、情報管理の徹底について校内研修を実施したとしている。

(Security NEXT - 2020/06/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客情報が電車内で盗難被害 - 日神グループHD
顧客情報最大6.7万件が保存されたPCを紛失 - ゼットン
患者の顔画像含むタブレット端末を紛失 - 国立精神・神経医療研究センター
路上で顧客情報が鞄ごと盗難 - 日神不動産
教諭が生徒情報含むUSBメモリをリュックごと紛失 - 千葉市
個人情報含むPCを従業員が紛失 - うるる
顧客の旅券情報含むPCが盗難被害 - Peach航空
小学校教諭が個人情報入りPC紛失、路上で居眠り中に - 大阪市
小学校児童の個人情報含むUSBメモリを一時紛失 - 函館市
非常勤講師が持ち帰った答案用紙を紛失 - 金沢星稜大