Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Adobe Framemaker」に3件の深刻な脆弱性

Adobe Systemsは、「Adobe Framemaker」向けに複数の深刻な脆弱性を修正するアップデートをリリースした。

同製品にメモリ破壊の脆弱性「CVE-2020-9636」や域外のメモリへ書き込みが可能となる「CVE-2020-9634」「CVE-2020-9635」が明らかとなったもの。

脆弱性を悪用されるとコードを実行されるおそれがあり、同社は脆弱性の重要度を3段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とレーティングしている。脆弱性の悪用は確認されていない。

同社は、脆弱性を解消した「Adobe Framemaker 2019.0.6」をリリース。適用優先度については、3段階中もっとも低い「3」とし、任意のタイミングで更新するよう利用者へ呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/06/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「baserCMS」やプラグインにあわせて12件の脆弱性
脆弱性診断サービスを刷新、最短3日のプランも - PSC
Windows版が影響受ける深刻な脆弱性を解消した「PHP」新版
「Firefox 78.0.2」が公開 - フレーム設定をバイパスできる脆弱性を修正
Citrix製品にあわせて11件の脆弱性 - アップデートが公開
「SD-WAN by VeloCloud」に脆弱性 - アップデートがリリース
F5「BIG-IP」の脆弱性狙う攻撃を国内で観測
F5の「BIG-IP」シリーズに深刻な脆弱性 - リモートよりコード実行のおそれ
「PowerDNS Recursor」に脆弱性 - アップデートがリリース
「Samba」に4件の脆弱性 - アップデートがリリース