Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Apache Tomcat」の脆弱性狙うアクセスに注意

「Apache Tomcat」に脆弱性「CVE-2020-1938」が明らかとなった問題で、脆弱性を狙ったアクセスが観測されている。

問題の「CVE-2020-1938」は、「Apache JServ Protocol(AJP)」の処理に起因する脆弱性。悪用されるとリモートよりコードを実行されたり、情報が漏洩するおそれがある。

2月11日から2月14日にかけてアップデートがリリース。その後2月24日に開発チームから脆弱性に関する情報が公開された。

2月21日の時点ですでに脆弱性の実証コード(PoC)が公開されており、警察庁によると同日に「AJP」で利用するTCP 8009番ポートに対するアクセスの急増を観測したという。

脆弱性を利用して本来アクセスできないファイルへアクセスを試みたもので、同日以降、脆弱性スキャンツールによるアクセスのほか、PoCを用いたアクセスなどを観測している。

同様の傾向は、インターネットイニシアティブ(IIJ)でも観測。同社においても2月21日以降のアクセス増加を観測しており、PoCの公開が影響したものと分析している。

20200325_np_001.jpg
警察庁が観測したTCP 8009番ポートへのアクセス件数(グラフ:警察庁)
20200325_ii_001.jpg
IIJが観測したTCP 8009番ポートへのアクセス件数(グラフ:IIJ)

(Security NEXT - 2020/03/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Firefox 74.0.1」が公開、ゼロデイ脆弱性を修正 - 標的型攻撃を確認
BD製医療機器にキオスクモード回避のおそれ
ビデオ会議で人気集める「Zoom」に複数問題 - 修正に追われる
「Microsoft Teams」導入時は最新版のインストーラーを
レクサスなど複数トヨタ車DCUに「BlueBorne」脆弱性
「Chrome 80.0.3987.162」が公開 - セキュリティ問題8件を解決
ネットインフラ管理アプライアンスに複数脆弱性
ヤマハ製の複数ネットワーク機器に脆弱性 - 停止や再起動のおそれ
RSAのID認証管理製品に複数の深刻な脆弱性
三菱製シーケンサ「MELSEC」のUDP/IP通信にリソース枯渇のおそれ