Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

家庭向けIoT機器の脆弱性診断アプリを公開 - トレンド

トレンドマイクロは、IoT機器のセキュリティ診断を行うスマートフォン向けアプリ「スマートホームスキャナー」を提供開始した。

同製品は、家庭内のネットワークに接続されたIoT機器のセキュリティ状況を確認できるスマートフォン向けアプリ。

ネットワークに接続されたルータやウェブカメラの不正操作につながる脆弱性、IoT機器で利用されることの多い「Linux」や「Android」の脆弱性、マルウェアが攻撃対象とするポートの開放状況について診断が行えるという。

公式ストアであるApp StoreやGoogle Playから無料でダウンロードすることが可能。利用にあたってはインターネットへ接続し、ネットワーク内から収集した情報を同社へ送信する必要がある。

また同アプリを家庭用ネットワーク以外で利用した場合は、不正アクセス禁止法に問われる可能性があり、家庭用ネットワークで利用する場合もネットワークや端末の管理者から許諾を得るよう求めている。

(Security NEXT - 2020/03/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

MS、EDRやSIEMを機能強化 - 「MS 365」には内部脅威の対策機能も
サイバーフィジカルシステムの脅威情報サービス - FireEye
ウェブアプリなどの脆弱性情報を配信するサービス - EGセキュア
ゲートウェイに新モデル、OSも強化 - Check Point
IoTに特化した脆弱性診断サービス - サイバーマトリックス
デジタルハーツHDとラック、脅威ベースペネトレ事業で合弁
斜め顔やマスク姿にも対応する顔認証技術をAPIで提供
Androidアプリの脆弱性診断、ソニーDNAがラックに譲渡
米Palo Alto、IoTセキュリティのZingboxを買収
IoTのセキュリティ対策をトータルに支援するサービス - 富士通SSL