Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

同報配信にML利用、設定ミスで情報流出 - 鳥取県

鳥取県は、地震被災建築物応急危険度判定士登録者のメールを用いた訓練において、利用したメーリングリストの設定にミスがあり、個人情報が流出したことを明らかにした。

同県によれば、2月27日に住まいまちづくり課が判定士登録者773人を対象にメーリングリストを用いて実施した訓練において、個人情報が流出したもの。

判定士登録者29人が参集要請の訓練メールに対して同課へ返信しようとしたところ、返信先がメーリングリストに設定されていたため、返信メールが、意図せずメーリングリスト参加者全体に送信され、メール内に記載された氏名や電話番号、メールアドレスなどの個人情報が流出したという。

メール受信者から連絡があり、メーリングリストの設定を確認したところ、返信先の設定が同課のメールアドレスではなく、メーリングリスト全体に設定されていたことが判明した。

(Security NEXT - 2020/03/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「SODプライム」不具合、最大6万8898人に影響 - 最大5000円の補償方針
新型コロナ影響で入学式中止、通知メールで送信ミス - 創価大
取引先情報が流出、開発プラットフォームの設定ミスで - 道新SC
アダルト動画サービスで視聴履歴など流出 - CDN利用で不具合
留学生や提携校担当者宛のメールで送信ミス - 国際教養大
記念樹希望者宛メールで誤送信、直後にも再度ミス - 熊本市
株主宛メールで送信ミス、メアド流出 - グンゼ
夕刊フジのイベント中止メールの送信ミス - 産経新聞
受験生に対するメールで送信ミス、メアド流出 - 琉球大
「地域おこし協力隊」希望者向けのメールで送信ミス - 飯田市