Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

同報配信にML利用、設定ミスで情報流出 - 鳥取県

鳥取県は、地震被災建築物応急危険度判定士登録者のメールを用いた訓練において、利用したメーリングリストの設定にミスがあり、個人情報が流出したことを明らかにした。

同県によれば、2月27日に住まいまちづくり課が判定士登録者773人を対象にメーリングリストを用いて実施した訓練において、個人情報が流出したもの。

判定士登録者29人が参集要請の訓練メールに対して同課へ返信しようとしたところ、返信先がメーリングリストに設定されていたため、返信メールが、意図せずメーリングリスト参加者全体に送信され、メール内に記載された氏名や電話番号、メールアドレスなどの個人情報が流出したという。

メール受信者から連絡があり、メーリングリストの設定を確認したところ、返信先の設定が同課のメールアドレスではなく、メーリングリスト全体に設定されていたことが判明した。

(Security NEXT - 2020/03/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

一般閲覧用の公開資料に個人情報 - 東京都港区
保健所で感染症法関連書類の誤送付が発生 - 大阪府
2度にわたりメール誤送信、メアド流出 - 日の丸自動車学校
委託先でメール送信ミス、メアド流出 - 山口県
委託先が顧客データのバックアップを誤って公開設定 - ヘルスケア事業者
営業再開の案内メールで送信ミス - 静岡のリゾートホテル
顧客向けメールで「CC」利用するミス - ネクスト・モビリティ
任天堂で不正ログイン、30万件に影響 - 不正取引は1%未満
戸塚区の施設でメール誤送信、団体のメアド流出 - 横浜市
学修支援システムで他学生氏名が閲覧可能に - 阪大