Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SMSによる偽不在通知の相談、2年で2000件超

宅配便業者の不在通知を装ったショートメッセージサービス(SMS)に関する相談が2018年以降2年間で2000件を超えた。2020年に入ってからも引き続き相談が寄せられているとして、情報処理推進機構(IPA)では、あらためて注意喚起を行っている。

宅配便の不在通知を装ったショートメッセージサービス(SMS)を送り、悪意あるURLへ誘導する手口に関しては、2018年から2019年までの2年間にあわせて2159件の相談が同機構に寄せられた。

2018年7月に相談が急増し、増減を繰り返し、多い月には200件以上にもなったという。

2019年10月以降は100件以上で推移しており、直近となる2020年1月の時点でも112件と引き続き多くの相談が寄せられていることから、同機構では引き続き警戒するよう呼びかけている。

20200220_ip_001.jpg
宅配便業者を装うSMSの相談件数推移(グラフ:IPA)

(Security NEXT - 2020/02/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

フィッシング攻撃が過熱 - サイト件数など過去最多
「タチコマ」コラボのAndroid向けセキュリティアプリ - NICTが実証実験
シニアの25%がフィッシングに遭遇 - 4割強が相談相手いない
正規と同スレッドに表示される偽SMS - SBが注意喚起
スマホ狙う「Roaming Mantis」、新型コロナ便乗も
4000人超で不正ログイン被害が発生 - LINE
「Emotet」がセクストーションまがいの詐欺メール - 高い成功率
「Emotet」など複数マルウェア、新型コロナ拡大に便乗 - フィッシングも
1月のフィッシング、報告数減となるもURLは増加
Android向け不正送金マルウェアが進化 - 海外へSMS送信