Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Ghostscript」にRCE脆弱性 - 最新版では修正済み

ポストスクリプトやPDFを処理するインタプリタである「Ghostscript」にリモートよりコマンドを実行されるおそれがある脆弱性が明らかとなった。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、細工されたファイルを処理した際にアクセス制限を回避され、リモートよりコマンドを実行されるおそれがある「CVE-2019-14869」が明らかとなったもの。

同脆弱性は、サイバーディフェンス研究所の松隈大樹氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告したもので、JPCERTコーディネーションセンターが調整を実施した。

同脆弱性は、2019年10月に公開された最新版となる「同9.50」で修正済みだという。

(Security NEXT - 2020/02/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「SD-WAN by VeloCloud」に脆弱性 - アップデートがリリース
Citrix製品にあわせて11件の脆弱性 - アップデートが公開
F5「BIG-IP」の脆弱性狙う攻撃を国内で観測
F5の「BIG-IP」シリーズに深刻な脆弱性 - リモートよりコード実行のおそれ
「PowerDNS Recursor」に脆弱性 - アップデートがリリース
「Samba」に4件の脆弱性 - アップデートがリリース
「Firefox 78」がリリース - 脆弱性13件を修正 - 保護ダッシュボードの機能強化も
「Microsoft Windows Codecs Library」に複数脆弱性 - 定例外で更新
NETGEAR製品に10件のゼロデイ脆弱性 - 多数製品に影響
Palo Alto Networksの「PAN-OS」に認証回避の脆弱性 - VPNなども影響