Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Chromeにアップデート、「クリティカル」の脆弱性を修正

Googleは、「Windows」や「macOS」「Linux」向けにChromeの最新版となる「同79.0.3945.130」をリリースした。

開発チームによれば、今回のアップデートでは複数の脆弱性をはじめ、セキュリティに関する11件の修正を実施した。

重要度が4段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とされる脆弱性は1件。音声認識を行う「speech recognizer」において、解放後のメモリにアクセスするいわゆる「Use After Free」の脆弱性「CVE-2020-6378」に対応した。

重要度が次に高い「高」とされる脆弱性として、同じく「speech recognizer」に関する「Use AFter Free」の脆弱性「CVE-2020-6379」をはじめ、2件を修正。

またマイクロソフトが1月の月例セキュリティ更新で解消した「Windows」の「CryptoAPI」に関する脆弱性「CVE-2020-0601」の対策も盛り込んだ。

同社では、今後数日から数週間を経て同アップデートを配信していく予定。

(Security NEXT - 2020/01/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Adobe Media Encoder」などに深刻な脆弱性 - 定例外で更新
NEC製の一部ルータにroot権限でコマンド実行されるおそれ
VMwareの「vRealize Operations for Horizon Adapter」に深刻な脆弱性
ABBの発電所向け資産管理製品に脆弱性
WPプラグイン「Easy Property Listings」にCSRF脆弱性
「Adobe Framemaker」に深刻な脆弱性 - 適用優先度は低設定
三菱電機の一部制御システム製品に「URGENT/11」の脆弱性
Lenovo製インフラ管理ソフトに情報漏洩のおそれ
ウェブアプリフレームワーク「Django」に深刻な脆弱性
「Apache Dubbo」にRCE脆弱性 - 2019年12月の更新で修正済み