Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

半年でSNS投稿1799万件を非表示に、45%がスパム - LINE

LINEは、2019年上半期における違反投稿への対応状況を取りまとめ、1799万2632件の投稿を非表示化したことを明らかにした。

同社では、SNSアプリ「LINE」のタイムラインをはじめ、「LINE LIVE」「LINE マンガ」「LINE 占い」など同社が提供する10サービスにおいて、1月から6月までの半年間における法令や規約に違反した投稿への対応状況を取りまとめたもの。

違反投稿への対応は、システムと手動を組み合わせて実施。機械的なチェックでは、事前に登録している禁止用語やルールと照合し、規約や法令に違反した投稿は自動で非表示になる。

さらに機械的なチェックで判断のつかないケースについては、モニタリングチームの同社担当者が目視で確認。違反していると判断した場合にその投稿を非表示にしている。

20200117_li_001.jpg
違反投稿を対応する流れ(図:LINE)

(Security NEXT - 2020/01/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「7pay不正アクセス事件」は約6割が認知 - 「スミッシング」は3割届かず
2019年1Q、フィッシングが17%増 - 3割がMS偽装
SNSでの個人情報、匿名化利用で求める対価は月2500円
未成年スマホのフィルタリング使用率は4割 - 9.5ポイント減
2018年4Qの標的型攻撃情報、6割がプラント関連狙い
「サイバーセキュリティ」テーマの小説コンテスト、大賞決定
JALのBEC被害、ビジネスパーソン認知度は25.4% - 「漫画村」は33.5%
ウェブサイト開設時に注意したいセキュリティのポイントを解説 - IPA
6割強が「個人情報の保護を怠る企業からは購入しない」
「認証番号」を聞かれた時どうする? 設定やシーンごとの対応策などLINEが解説