Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Juniperがアップデートを公開 - 複数製品に深刻な脆弱性

Juniper Networksは、「Junos Space」や「Junos OS」をはじめ、複数の製品における脆弱性を修正するセキュリティアップデートをリリースした。修正された脆弱性には深刻なものも含まれる。

「Contrail Networking」では、任意のコードが実行可能となる脆弱性「CVE-2019-19919」や「CVE-2019-17267」が判明。脆弱性の悪用は確認されていないという。

いずれも、スコアが最高値10である共通脆弱性評価システムであるCVSSv3において「9.8」と高く、重要度が4段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とレーティングされている。これら脆弱性について同社は「同R1912」にて修正した。

「Junos Space」においても、CVSSv3が「9.8」で、重要度が4段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」である「CVE-2019-9636」をはじめ、あわせて22件の脆弱性が明らかとなり、「同19.4R1」にて修正している。

一方「Junos OS」では、細工したパケットを用いてroot権限でコマンドを実行されるおそれがあり、CVSSv3においてスコアが「8.8」とされる「CVE-2020-1605」や「CVE-2020-1609」のほか、スコアが「8.6」である「CVE-2020-1603」などあわせて10件の脆弱性を修正した。

そのほか、今回のアップデートにより「SBR Carrier」における複数の脆弱性を修正している。

(Security NEXT - 2020/01/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Adobe Illustrator CC」に複数の深刻な脆弱性
「Citrix ADC」の更新、1月下旬に順次公開 - 米政府がチェックツール公開
「phpMyAdmin」にSQLiの脆弱性 - アップデートが公開
脆弱な「Citrix ADC」の探索行為が観測される - 高まる悪用リスク
「Firefox」に深刻な脆弱性、ゼロデイ攻撃も - 今年2度目の更新
「F-RevoCRM」にXSSの脆弱性 - アップデートで修正
複数製品「SSL VPN機能」を狙う攻撃が発生 - 悪用コード公開で
Pulse Secureの既知VPN脆弱性、ランサムウェアの標的に
CiscoのDC向けインフラ管理製品に深刻な脆弱性
Google、脆弱性に対処した「Chrome 79.0.3945.117」をリリース