Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Firefox」に深刻な脆弱性、ゼロデイ攻撃も - 今年2度目の更新

「Firefox」の開発チームは、深刻な脆弱性が見つかったとして「Firefox 72.0.1」をリリースした。

複数の脆弱性へ対処し、新機能なども搭載した「Firefox 72」を米時間7日に公開したばかりだが、緊急性が高い脆弱性が明らかになったことから、急遽セキュリティアップデートをリリースしたもの。

今回対処したのは、JITコンパイラ「IonMonkey」の処理において型の取り違えが生じる脆弱性「CVE-2019-17026」。すでに脆弱性を悪用した標的型攻撃が確認されているという。

開発チームでは、同脆弱性へ対処した延長サポート版「Firefox ESR 68.4.1」についてもあわせてリリースした。

(Security NEXT - 2020/01/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Citrix ADC」の更新、1月下旬に順次公開 - 米政府がチェックツール公開
「phpMyAdmin」にSQLiの脆弱性 - アップデートが公開
脆弱な「Citrix ADC」の探索行為が観測される - 高まる悪用リスク
Juniperがアップデートを公開 - 複数製品に深刻な脆弱性
複数製品「SSL VPN機能」を狙う攻撃が発生 - 悪用コード公開で
Pulse Secureの既知VPN脆弱性、ランサムウェアの標的に
「Citrix ADC」などに深刻な脆弱性、パッチ未提供 - 早急に緩和策実施を
既知の「Cisco ASA」脆弱性狙う攻撃が急増 - 休み前に対策を
iPhoneの修正困難な脆弱性 - 公開実証コードをフォレンジック企業が採用
【訂正あり】「SharePoint」に任意のファイル取得される脆弱性 - 月例パッチで修正済み