Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

企業説明会の登録学生情報が閲覧可能に - 山梨県

山梨県情報通信業協会は、山梨県と共催した企業ガイダンスにエントリーした学生の個人情報が、インターネット上で閲覧できる状態だったことを明らかにした。

同協会によれば、学生エントリーシステムに登録されたデータが、2019年3月から同年10月31日にかけて、外部からアクセスできる状態となっていたもの。

閲覧可能だったのは、同システムの利用を開始した2012年3月以降に登録された学生の個人情報506件。氏名や住所、電話番号、性別、学校名、学部、学科、メールアドレス、卒業見込み年度などが含まれる。

2019年10月23日に同協会の会員より連絡があり、検索エンジンに同システムの管理画面が登録され、学生のデータを閲覧できる状態となっていることが判明。同月31日にサイトを閉鎖し、システム上のデータを削除した。

データベースの管理などに問題があったなどとして、同協会では詳細な原因について調査を進めている。直近30日のログにアクセス履歴は残っていなかったが、それ以前の履歴についても調べる方針。対象となる学生や学校には、経緯の説明を行うとしている。

同協会では、企業ガイダンスについては今後も開催するとしているが、事前エントリーを廃止し、開催当日に参加証へ記入する方式へ変更する。

(Security NEXT - 2020/01/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

DV被害者住所をミスで加害者へ漏洩 - 三鷹市
黒塗りした個人情報が特定操作で閲覧可能 - 大船渡市
新型コロ関係事業の案内メールで誤送信 - 大阪府
一般閲覧用の公開資料に個人情報 - 東京都港区
メール送信ミスで研究協力者のメアド流出 - 東大
2度にわたりメール誤送信、メアド流出 - 日の丸自動車学校
誤アップロードされた個人情報、削除されずメール配信 - スペースマーケット
委託先が顧客データのバックアップを誤って公開設定 - ヘルスケア事業者
顧客向けメールで「CC」利用するミス - ネクスト・モビリティ
任天堂で不正ログイン、30万件に影響 - 不正取引は1%未満