Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

11月のネットバンク被害、7.6億円 - 過去最悪の水準

11月はオンラインバンキングの不正送金被害が、過去最悪の水準となったことがわかった。フィッシング攻撃がおもな原因となっているとして、関係機関では警戒を強めている。

オンラインバンキングにおける不正送金被害は8月、9月に急激に増加したが、10月、11月はそれらをさらに上回る状況となっている。7月の時点で48件、3100万円だった被害は、8月に105件、6700万円へと倍増。さらに9月は441件、4億800万円と被害が大幅に拡大した。

10月は、件数こそ397件と減少が見られたものの、被害額は5億1900万円に上昇。さらに11月は573件、7億7600万円へと再び大きく増加し、暫定値ではあるものの、件数、被害額のいずれも過去最悪の水準となっている。

期間中、金融機関を装ったメールやショートメッセージで偽サイトへ誘導するフィッシング攻撃が多数確認されており、被害の多くは、フィッシング詐欺により詐取されたアカウント情報が悪用されていると同庁では見ている。

関係機関では、オンラインバンキングにログインする際には、金融機関が提供する公式アプリや、事前に公式サイトをブックマークしておき、アクセス時に利用するようあらためて注意を喚起した。

20191219_np_001.jpg
不正送金被害の推移(グラフ:警察庁)

(Security NEXT - 2019/12/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2019年のフィッシング報告は約5.6万件 - 前年の2.8倍に
フィッシングURL件数、5月も4000件台と高水準 - 報告件数は1.4万件超に
フィッシングサイトの割合増加 - 27%がHTTPS対応
4月の偽サイトURL件数、過去最多を更新 - 報告も1.1万件超に
不正送金マルウェア - 企業狙いへシフトか
2020年1Q、前四半期からインシデント増加 - 「サイト改ざん」は減少
2019年4Qのフィッシング、前四半期比1.5倍に - RSA調査
フィッシング攻撃が過熱 - サイト件数など過去最多
クレカ選び、ポイント還元などと同等にセキュリティを重視
「BEC」に見えた内通者の影 - なりすまされる「リスク」も