Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

KeyWe製スマートロックに深刻な脆弱性 - 更新未対応で修正できず

スマートロックから電波が届く範囲でトラフィックをキャプチャする必要があるが、傍受するためのデバイスは安価で販売されており、わずかなコストやノウハウで脆弱性の悪用が可能だとF-Secureは指摘した。

さらに今回問題が明らかとなった「KeyWe Smart Lock」では、ファームウェアのアップデートに対応しておらず、脆弱性を修正することができないという。

脆弱性を解消するには、対策済みの機器へ物理的に交換する必要があり、そのまま利用する場合は、第三者に侵入されるリスクを受け入れる必要があると説明。

IoTデバイスにおいてファームウェアの更新ができないなど、脆弱性を修正できない場合は、メーカーや利用者に大きな影響をもたらすとし、設計段階からセキュリティを意識する必要があると指摘している。

(Security NEXT - 2019/12/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Ciscoの複数ネットワーク管理製品に深刻な脆弱性 - 認証回避や遠隔操作のおそれ
IoT機器で広く採用される「Treck TCP/IP Stack」に深刻な脆弱性
横河電機の制御システム向けアラーム管理ソフトに複数脆弱性
「SKYSEA Client View」に脆弱性 - 緊急対応を
セキュアブート回避の脆弱性「BootHole」が判明 - LinuxやWindowsに影響
「BIG-IP」脆弱性問題でF5が侵害の調査方法を公開 - 米政府も注意喚起
Cisco ASAに脆弱性、悪用も確認 - 早急に更新を
トヨタ自動車の故障診断ツールに脆弱性 - ECU間の通信に判明
「Firefox 79」がリリース - 脆弱性10件を修正
「Magento」に深刻な脆弱性 - 定例外アップデートが公開