Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「UCカード」利用者狙うフィッシング攻撃に注意

クレジットカード「UCカード」の利用者を狙ったフィッシング攻撃が確認されたとして、フィッシング対策協議会が注意喚起を行った。

今回確認されたフィッシング攻撃では、発信元として「UC CARD」を名乗り、「アカウント情報の有効期限が切れた」などと説明。偽サイトへ誘導してログインを促し、情報をだまし取る。メールでは2種類のURLを利用しており、短縮URLも悪用していた。

誘導先の偽サイトでは、クレジットカードの名義や番号、有効期限、セキュリティコードなどを入力させようとしていた。転送先のURLとして少なくとも6種類のURLが確認されており、さらに多くのURLを利用している可能性もある。

12月6日の時点でフィッシングサイトの稼働が確認されており、同協議会では閉鎖に向けてJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼。類似した攻撃が発生する可能性があるとして、注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2019/12/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

警察庁装うフィッシング攻撃に注意 - SMSで偽サイトに誘導
「au」装うフィッシング攻撃に注意 - 「不正デバイスを検出」と不安煽る
「エポスカード」のフィッシング - 無関係の他社URL記載するミス
「不安の煽り」が弱い地味なフィッシングメールに注意
「メルカリ」を装うフィッシング攻撃 - 「出品取り下げ」などと不安煽る
「Amazonプライムの自動更新設定を解除」と不安煽るフィッシング
「Amazon異常は検出されました」 - 偽サイト誘導メールに注意
「あなたのNTTドコモはロックされている」 - dアカウント狙うフィッシング
千葉銀装うフィッシング攻撃 - 「不正画面の事例」リンクでも偽サイトへ誘導
「au」を装うフィッシング攻撃 - 複数バリエーション出回る