Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本IT団体連盟、「サイバーセキュリティ委員会」を設置

日本IT団体連盟は、サイバーセキュリティ対策を推進するため、「サイバーセキュリティ委員会」を設置した。

同連盟は、ITに関して政府や関係機関との連携、情報交流、提言などを行うとともに、IT人材育成やサイバーセキュリティの強化といった活動を展開するIT関連団体の連合体。

今回、サイバー攻撃に関する問題を共有し、社会経済活動を確保する観点から対策を推進していくため、「サイバーセキュリティ委員会」を設立した。同連盟の理事である下村正洋氏が委員長を務める。

サイバーセキュリティ対策を促進するための方策について検討するほか、制度や基盤の構築、国際情勢の共有などを中心に活動していく。

今後は、サイバー分野に関わるステークホルダーが情報を共有するための会議や、サイバーセキュリティ演習の実施を促すセミナーなどを開催。すでに実施されている方策の改善に向けた活動を進めていく。

(Security NEXT - 2019/11/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

原子力規制庁でメール誤送信 - 在宅勤務職員の個人メアド誤り第三者へ
契約社員の個人情報が委託先で所在不明 - 電通
端末状況を可視化する「コンプライアンス調査サービス」
高校で生徒と保護者の個人情報含む書類を誤配布 - 大阪市
WatchGuard、Panda Securityの買収を完了
Wi-Fi利用者や提供者向けセキュガイドラインに改訂版 - 総務省
自宅で個人情報を保持して外部漏洩、職員を懲戒免職 - 弘前市
macOSにアップデート - iOS脆弱性の修正とあわせて公開
マスク販売の当選メールで宛先が流出 - プログラム不具合で
「iOS 13.5.1」など公開 - 脱獄可能となる脆弱性を修正