Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Androidアプリの脆弱性診断、ソニーDNAがラックに譲渡

ソニーデジタルネットワークアプリケーションズ(SDNA)は、Android向けアプリの脆弱性診断サービス「Secure Coding Checker」をラックに譲渡することで合意した。

同サービスは、Androidアプリの脆弱性を診断し、問題部分や原因などを表示するSaaS型サービス。2013年にスタートした。日本スマートフォンセキュリティ協会(JSSEC)の「Androidアプリのセキュア設計・セキュアコーディングガイド」に準拠している。

同ツールの開発資産や運用ノウハウをラックに譲渡することで合意した。譲渡金額などは明らかにしていない。また資産譲渡にともなう技術者の移籍などは発生しないという。

SDNAでは2020年3月26日18時をもってサービスを終了し、3月31日に譲渡が完了する見込み。

これを受けて、ラックでは2020年4月より「Secure Coding Checker」の提供開始する予定。今回の資産取得により、ラックでは脆弱性診断サービスのラインナップを拡大し、利用が拡大するスマートデバイスやIoT分野へのサービス強化を図る。

(Security NEXT - 2019/11/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

詐欺サイト対策ソフトが「Edge」や「Safari」に対応 - BBSS
カードゲーム「セキュ狼」がスマホアプリに - JNSAと学生が共同開発
危険ドメインへのアクセスをDNSでブロック - ソリトン
「Android」が「FIDO2」をサポート - 10億台以上の端末が対応
IoT製品のファームウェア用脆弱性調査ツール - ソースコードに非依存
公衆Wi-Fi利用者向けVPNサービスに固定IPオプション - ALSI
アンラボ、スマートデバイス向けに情報保護アプリ
マルチOS環境で利用できる指紋認証搭載USBメモリ - PQI Japan
モバイルアプリの脆弱性診断サービス - インテック
個人向けESET製品でモニターキャンペーン