Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

凸版印刷、セキュリティ人材の育成で新会社

凸版印刷は、セキュリティ人材の育成サービスを提供する新会社「Armoris」を設立し、11月より事業を開始する。

新会社では、技術者や管理者を対象に人材育成プログラム「DOJO」を提供。1年間にわたり、技術面のほか、行動力や問題発見、解決能力といったスキルを学ぶ。

同プログラムの開発にあたっては、CTOに鎌田敬介氏やCXOに竹田春樹氏のほか、顧問としてNATO(北大西洋条約機構)サイバー防衛センターのシニアフェローであるJaan Priisalu氏、タリン工科大学教授のRain Ottis氏が参画。知見を活かしたという。

そのほか標的型攻撃対応演習やサイバーセキュリティマネジメントコースなど、短期トレーニングも用意。2024年度までに10億円の売り上げを目指し、事業を展開していく。

(Security NEXT - 2019/11/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

3年かけてセキュ人材育成、未経験からスタート - KDDIら
制御システムのセキュリティ対策向けコンサル - GRCS
中小企業向けセキュ人材マッチングサービス「バーチャルCISO」
Carbon Black、日本国内にクラウド運用基盤 - アジア太平洋地域も視野に
CompTIA、セキュリティエンジニアを目指す学生の支援を強化
仮想通貨取引所向けのセキュリティ評価サービス - ニュートン
日立とトレンド、セキュリティ人材育成で協業 - サイバー攻撃対応研修を提供
米Norwich大の演習プラットフォーム活用した演習サービス - アライドテレシス
DTRSとDNP、人材育成プログラムにインシデント対応メニュー - サイバーレンジを活用
サイバー大学、「AIテクノロジープログラム」を新設