Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

協議会関係者のメアド流出、誤送信で - 宇治市

京都府宇治市は、まちづくりに関する会議の開催案内メールにおいて会議参加者のメールアドレスが流出したことを明らかにした。

同市によれば、まちづくりに関する意見交換の場である「うじ井戸端会議」の開催を案内するメールにおいて、送信ミスが発生したもの。

地区まちづくり協議会7人と一般参加者20人の2つのグループに分けて送信。その際に送信先を宛先や「CC」に設定したため、それぞれのグループ内で受信者のメールアドレスが確認できる状態となった。

受信者から指摘があり、担当者は指摘者に謝罪を行ったが報告していなかったという。後日、上長が過去の送信記録を確認したことで、誤送信が判明した。

同市では対象となる関係者に謝罪。誤送信したメールの削除を依頼し、同意が得られたという。

(Security NEXT - 2019/11/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メール誤送信で推薦入試出願者のメアド流出 - 県立広島大
イベント案内メール誤送信、企業のメアド流出 - 新潟県
児童の個人情報含む資料を誤って送信 - 新潟県
指摘メールを削除、誤送信を隠ぺいした職員を懲戒処分 - 川崎市
オーディション応募者へのメールで誤送信、メアド流出 - 松竹芸能
メール誤送信で企業担当者のメアド流出 - 大阪府
スポーツ教室参加予定者宛メールを誤送信 - 福岡市
イベント告知メール誤送信 - 物質・材料研究機構
顧客向けメール誤送信でメアド流出 - スマホケース製作会社
図書館からボランティアへのメールで誤送信 - 鎌倉市