Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

3年かけてセキュ人材育成、未経験からスタート - KDDIら

KDDIデジタルセキュリティとパーソルテクノロジースタッフは、幅広い経験を持つセキュリティエンジニアの育成事業を開始した。

同事業は、セキュリティ業務未経験からスタートし、最大3年かけて多様なセキュリティ業務を経験することで、幅広い経験を持つセキュリティエンジニアの育成を目指すもの。

パーソルテクノロジースタッフにて研修実施後、KDDIデジタルセキュリティに就業。同社内で最大3年間、セキュリティシステムエンジニアやインシデントハンドラ、セキュリティアナリストなどの役割や業務を、体系的に経験できる。

就業中は、パーソルテクノロジースタッフのキャリアアドバイザーが定期的にフォローアップ。資格取得やキャリアデザインを支援する。就業後は両社いずれかでの雇用や、他企業への就職などの選択肢を想定しているという。

20191105_kd_001.jpg
人材育成のイメージ(画像:パーソル)

(Security NEXT - 2019/11/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「SecHack365 2020」、まもなく参加応募を受付開始
25.4%が新コロ対応でテレワーク - 企業規模で大きな差
「SecHack365 2020」の募集詳細、4月15日ごろ公開予定
3割超の企業、IIoT/OTでセキュリティ上の危険を感じたり事故を経験
マンガでセキュ啓発、プロジェクト始動 - JNSA
経験者の派遣にも対応したCISO支援サービス - GRCS
CISO設置組織も半数超はセキュリティの事業リスクを未評価
国際金融取引システムの不正送金に北朝鮮「APT38」が関与 - 外交交渉の裏で止まぬ攻撃
「SecBoK人材スキルマップ 2019年版」の英語版を公開 - JNSA
人材スキルマップ「SecBoK」が改定 - タスクやロールにもフォーカス