Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

3年かけてセキュ人材育成、未経験からスタート - KDDIら

KDDIデジタルセキュリティとパーソルテクノロジースタッフは、幅広い経験を持つセキュリティエンジニアの育成事業を開始した。

同事業は、セキュリティ業務未経験からスタートし、最大3年かけて多様なセキュリティ業務を経験することで、幅広い経験を持つセキュリティエンジニアの育成を目指すもの。

パーソルテクノロジースタッフにて研修実施後、KDDIデジタルセキュリティに就業。同社内で最大3年間、セキュリティシステムエンジニアやインシデントハンドラ、セキュリティアナリストなどの役割や業務を、体系的に経験できる。

就業中は、パーソルテクノロジースタッフのキャリアアドバイザーが定期的にフォローアップ。資格取得やキャリアデザインを支援する。就業後は両社いずれかでの雇用や、他企業への就職などの選択肢を想定しているという。

20191105_kd_001.jpg
人材育成のイメージ(画像:パーソル)

(Security NEXT - 2019/11/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

凸版印刷、セキュリティ人材の育成で新会社
セキュリティ人材のスキル可視化施策についてレポート - JNSA
若年層支援プログラム「すごうで2020」が応募開始
ユーザー企業向けにセキュリティ組織体制をモデル化した資料
「7pay」問題で役員報酬を自主返納、再発防止策も - セブン&アイHD
セキュ分野のキャリアパスグランドデザインで資料 - JNSA
専門学生向けにコンテスト開催、課題は「WAF」導入 - MBSD
「情報処理安全確保支援士」の新規登録1200人 - 1万9417人に
7割がセキュリティ予算不足 - 最新技術の導入足かせに
研修案内メールの誤送信で介護施設のメアド流出 - 大阪府