Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

7割がセキュリティ予算不足 - 最新技術の導入足かせに

自組織におけるサイバーセキュリティ対策予算が必要額を下回っていると考えているIT関連業務の意思決定者が約7割にのぼるとの調査結果を英Sophosが取りまとめた。

同社が、2018年12月から2019年1月にかけて、日本や米国など含む12カ国のIT関連業務の意思決定者3100人を対象にインタビュー調査を実施、結果を取りまとめたもの。国内からは200人が回答した。

予算額が必要額に達していないとの回答が66%で、いずれの国も6割を超えた。日本は70%となり、グローバルの平均を上回る。

予算不足の影響もあり、4分の3は最新技術を用いた対策をつねに取り入れていくことが困難であると答えた。

20190902_so_001.jpg
サイバーセキュリティ対策予算が必要額を下回っている割合(グラフ:Sophos)

(Security NEXT - 2019/09/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Flash Player」に2件の深刻な脆弱性 - アップデートをリリース
教員免許更新講習受講者へのメールで送信ミス - 関西国際大
GitHubアカウントに不正アクセス、一部ソースコード流出か - Progate
中小企業のCISOやセキュリティ担当者を支援する資料 - JNSA
CODE BLUE 2019の全講演が決定 - 政策から話題の脆弱性までテーマ充実
LINEのフィッシング報告が増加 - URL変化させながら次々と
顧客情報最大6.7万件が保存されたPCを紛失 - ゼットン
MS、月例パッチで脆弱性79件を修正 - 一部でゼロデイ攻撃が発生
クラウドセキュ市場、今後5年で2.4倍に
パズル通販サイトに不正アクセス - 顧客の問い合わせで判明