Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ブラックライトで発色する「見えないスタンプ」 - 迷惑行為抑止でテスト販売

シヤチハタは、印影が通常の光では無色透明で、ブラックライトによって発色する「迷惑行為防止スタンプ」をテスト販売する。

特殊インキであるUV発色インキを採用したキャップレスのスタンプ。SNSで話題となり、痴漢といった迷惑行為の抑止力や実用性の検証を兼ねテスト販売するという。

印影は手のマークとなっており無色透明だが、ブラックライトを当てることで浮かび上がる。スタンプにはリールコードと携帯用ブラックライトが付属する。

価格は税抜き2500円。同社の公式オンラインストアの「シヤチハタアンテナショップ」にて8月27日13時より500個限定でテスト販売を実施。寄せられた声をもとに商品を改良し、発売に向けてさらに開発を進めるという。

(Security NEXT - 2019/08/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ゲートウェイに新モデル、OSも強化 - Check Point
パナと東京建物、ビルシステムへの攻撃検知で実証実験
不正なAPや端末を検知するWi-Fi監視サービス - スプライン
機械学習用いた株式不正売買審査の支援サービス - NEC
クラウドの利用実態を可視化するサービス - 日立ソ
セキュリティ面のデューデリサービス開始 - EGセキュア
金融機関ノウハウ活用した不正検知サービス - ACSiON
「NIST SP800-171」準拠の支援サービス - ニュートン
エンドポイント対策サービスにEDR機能を追加 - IIJ
MDMサービス「mobiconnect」に新版 - USBメモリのホワイトリスト機能