Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

無許諾のイラストを暑中見舞い用素材として提供 - 日本郵便

日本郵便が運営する「かもめ〜るウェブサイト」において、イラスト画像を権利者の許諾がないまま無料素材として提供していたことがわかった。

同社によれば、同サイト内の「無料テンプレート、素材」ページにおいて、イラスト画像を権利者の許諾がないまま4月25日より公開していた。8月6日に権利者から問い合わせがあり、問題が発覚した。

サイト内のイラスト画像については、サイトの制作を委託している会社と、権利者が許諾業務を委託するストックフォト事業者との間でライセンス契約を締結して使用。

イラストをサイトよりダウンロードできる2次提供はライセンスに含まれていなかったが、サイト制作会社ライセンス契約の範囲内と誤認し、無許諾のまま提供されていたという。

同社では、対象となるイラスト90点について公開を停止。全権利者56人に連絡を取り、原因と経緯を説明したうえで謝罪し、補償について協議を行うとしている。

(Security NEXT - 2019/08/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

海賊版サイトリーチサイト運営者に損害賠償請求 - 講談社
音楽関係団体ら、無許諾音楽アプリの対策強化をAppleに要請
高校生のセキュリティ対処能力は上昇傾向
macOS狙う新種マルウェア、マンガ海賊版サイトなどで拡散
IPA、若年層向け啓発コンクールを開催 - 7月より作品募集
著作権侵害コンテンツの削除申請を支援するサービス
小規模事業者やNPO向けにセキュリティハンドブックを配布 - NISC
ACCESSとIrdeto、車載向けサービスのセキュリティ対策で協業
画像ファイルに悪用コード隠す「ステガノグラフィ」 - 無償ツールが拡大後押しか
「Winny」などのファイル共有ソフト、GWに約9万人が使用