Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、月例パッチで脆弱性93件に対処 - 盆休み重なる更新に注意を

マイクロソフトは、8月の月例セキュリティ更新を公開した。CVEベースで93件の脆弱性に対処している。

20190814_ms_001.jpg
マイクロソフトによるリリースノート(一部)

今回のアップデートは「Windows」をはじめ、同社ブラウザの「Internet Explorer」「Microsoft Edge」や「ChakraCore」「Office」の脆弱性へ対応したアップデート。

「Active Directory」「Microsoft Dynamics」「Azure DevOps」「Visual Studio」「Online Services」などの脆弱性も修正している。

脆弱性の最大深刻度は、4段階中もっとも高い「緊急」とされる脆弱性が29件。次いで深刻度が高い「重要」が64件。「緊急」とレーティングされた脆弱性は、前月の15件と比較すると2倍近くに増加している。

(Security NEXT - 2019/08/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

一部「ウイルスバスタークラウド」に無効化される脆弱性
WordPressの脆弱性を診断するサービス - カゴヤ・ジャパン
「IBM ServeRAID Manager」にRCE脆弱性 - サポートはすでに終了
「Firefox 73」が登場 - 脆弱性6件を修正
MS、月例パッチで脆弱性99件を解消 - ゼロデイ脆弱性も修正
「Adobe Acrobat/Reader」にアップデート - 脆弱性17件を解消
「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開
Cisco製OSやVoIP製品などに脆弱性「CDPwn」が判明 - 数千万台に影響か
「Adobe Acrobat/Reader」に脆弱性 - 更新は11日に公開予定
「Ghostscript」にRCE脆弱性 - 最新版では修正済み