Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

第三者がアプリでTポイントを不正利用 - PWリスト攻撃などの形跡見られず

同社によると、利用者のIDとパスワードが何らかの方法で入手され、悪用された可能性がある。また「モバイルTカード」の登録に関しては、物理的な「Tカード」の券面に記載されたT会員番号と生年月日が必要になるとしている。

同社は、同社経由の情報流出を否定。ウェブサイトでパスワードリスト攻撃について注意喚起を行っているが、同時期に目立ったパスワードリスト攻撃などは確認されていないとしており、被害が発生したIDに対するログイン試行のエラーなども検出されていないという。

同社は、警察へ被害を相談するとともに、利用者へパスワードの使い回しを避けるなど、適切なパスワード管理を呼びかけた。また不正に利用されたポイントについては、事実確認をした上で同社が負担する方針。

(Security NEXT - 2019/08/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

アルペンにPWリスト攻撃 - 攻撃者は複数店舗でポイント使用
セシール通販サイトにPWリスト攻撃 - 試行22回を検知
仮想通貨約35億円分が流出 - ビットポイント
BPJの被害は約32.7億円、秘密鍵奪われ - 退避試みるも9割超流出
中部電力のウェブサービスに不正ログイン、個人情報が流出
イオンクレカ会員向けサービスに不正ログイン - PW攻撃で
「7pay」が全面的にチャージ停止 - 「7iD」のPW再設定機能は修正中
UTMを最大52台まで拡張できる新製品 - チェック・ポイント
登録者の個人情報77万件が流出 - 「アンとケイト」
アンケートサービスに不正アクセス - 登録された個人情報が流出