Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシングサイトの検知が急増 - 大手キャッシュレス決済をかたるケースも

BBソフトサービスは、6月に同社で検知したフィッシングサイトが約6万件にのぼり、前月の1.6倍と急増したことを明らかにした。

同社によると、6月に同社への通報や公的機関より収集したフィッシングサイトのURLは約1200件。4月の300件と比較すると約4倍の水準だった。

同社製品でフィッシングサイトを検知するケースも増えており、前月の3万6255件から2万3657件増となる5万9912件へと拡大している。

6月にもっとも多く検知されたのが、大手求人サイトをかたったフィッシングで全体の37%を占めた。次いで大手スマートフォンメーカーのIDとパスワードを詐取するケースが16%と目立つ。

さらに大手キャッシュレス決済サービスのキャンペーンをかたったケースで10%で続いた。

(Security NEXT - 2019/08/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

宅配便の不在通知を装うスミッシングに注意 - ダイナミックDNSを悪用
2020年2Qの「標的型攻撃メール」は87件 - いずれも「BEC」
新型コロナ便乗サイバー攻撃、3カ月で40倍
プライバシーガバナンスガイドブックでパブコメ - 経産省
指導要録の写しと学籍に関する記録が所在不明 - NHK学園高校
写真クラウドのデータ消失、原因はプログラムミス - キヤノン
サーバから顧客情報が削除され不正持ち出し - コンサル会社
工務店マッチングサイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
関電の「はぴeみる電」に不正ログイン - 複数海外IPアドレスから試行
トレンドマイクロの複数製品に脆弱性 - 順次更新を実施