Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MSSにインシデント初期対応支援を追加 - テクマトリックス

テクマトリックスは、同社のマネージドセキュリティサービスにおいて、インシデントの初期対応を支援するサービスを提供開始した。

オプションサービスとして「拡張ハンドリング初動代行サービス」を追加したもの。監視対象のEDR製品やフォレンジック製品より発行されたインシデントの通知に対し、初動調査や初動対応を提供する。開発にあたっては、サイントが技術監修を行った。

また同社は、同社以外より発行されたインシデント調査報告書に対し、同社の見解やアドバイスを提供する「セカンドオピニオン」をサービスメニューに追加した。

「拡張ハンドリング初動代行サービス」は、調査ツールにより費用が変動し、年額利用料は180万円から。「セカンドオピニオン」は10万円から。同社は今後1年間に30社への提供を目指してサービスを展開していく。

(Security NEXT - 2019/07/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

アラート60分以内に要対応情報を提供するMSS - GRCS
ESETにEDR製品が追加 - クラウド型サンドボックスも提供
SBT「MSS for CASB」をスタート - ポリシー策定なども支援
マカフィーとソフバンテク、「CASB」のMSS展開で協業
ソフバンテク、MSSに海外拠点 - 海外進出企業向けサービスを強化
「Windows Defender ATP」と「SOC」を連携させたMSS - NTTコム
EDRを機能強化、マネージドサービス「MEDR」も - シマンテック
攻撃の対処要否を自動判断するための学習データ生成技術を開発 - 富士通研
MSS事業者や社内SOC向けマルチテナント型インシデント管理ツール
DC利用者向けに「IDS/IPSサービス」 - キヤノンITS