Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「EDR原因解析サービス」 - シーイーシーとソフォス

シーイーシーとソフォスは、ソフォスのEDR製品の運用を支援する「EDR原因解析サービス」を提供を開始した。

同サービスは、ソフォスのEDR製品である「Intercept X Advanced with EDR」向けのサービス。セキュリティアラートの内容について調査、解析を行い、メールで詳細な脅威情報や対処方法を報告。あわせて、調査、解析結果を提供する。

調査や原因解析レポート1回ごとに料金が発生する個別プランと、年間12回サービスが利用できる年間プランを用意した。

(Security NEXT - 2019/07/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

MSSにインシデント初期対応支援を追加 - テクマトリックス
ESETにEDR製品が追加 - クラウド型サンドボックスも提供
CrowdStrike、モバイルデバイス向けEDRソリューション
EDRを機能強化、マネージドサービス「MEDR」も - シマンテック
エンドポイント向け製品にEDR機能を追加 - ソフォス
カスペがEDRを投入 - サンドボックスやインテリジェンスと連携
被暗号化ファイルの監視で被害を防ぐランサム対策ソフト - 他対策ソフトと併用も可
ジュニパーとカーボンブラック、連携ソリューションを展開
富士通、セキュリティサービスを拡充 - ダークウェブの脅威情報分析など
「FFRI yarai」にハッシュ値による脅威検索機能 - アドオンで追加予定