Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セブン&アイHD、OpenIDによるアプリへのログインを一時停止

セブン&アイ・ホールディングスは、「OpenID」を利用したアプリへのログインを一時停止した。

同社では、関連企業のアプリにおいて、「Facebook」「Twitter」「Google」「Yahoo!JAPAN」「LINE」の利用者に対し、「OpenID」によるログイン機能を提供してきたが、11日17時より同機能を停止した。

対象となるアプリは、「セブンイレブン」「イトーヨーカドー」「西武・そごう」「ロフト」「 アカチャンホンポ」で、「セキュリティ強化に向けた総点検の一環」と説明。

同社では、7月中に具体的なセキュリティ対策の内容を取りまとめるとしている。

(Security NEXT - 2019/07/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「7pay」問題で役員報酬を自主返納、再発防止策も - セブン&アイHD
「7pay」の不正利用で補償対応を開始 - クレカチャージはカード会社で対応
決済サービス「7pay」廃止へ - 原因「PWリスト攻撃」と説明
「7pay」が被害状況を更新、807人3860万円の被害を認定
「7iD」のパスワードを一斉リセット - セブン&アイHD
「7pay」不正利用被害、1574人3240万円を認定
「7pay」不正利用問題で対策プロジェクトを立ち上げ - セブン&アイHD
「7pay」が全面的にチャージ停止 - 「7iD」のPW再設定機能は修正中
「7pay」で不正利用被害 - 使い回しなど推測容易なPW利用は危険
「Metasploit」が車載機器などIoT機器の診断に対応